2009年11月27日

インフォームド・コンセント

『インフォームド・コンセント』という言葉をご存知でしょうか?

「正しい情報を得た(伝えられた)上での合意」
特に、医療行為(投薬・手術・検査など)や治験などの対象者(患者や被験者)が、治療や臨床試験・治験の内容についてよく説明を受け理解した上で (informed) 、方針に合意する (consent) こと。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

飼い主様の多くは不安な気持ちで動物病院に来院され、
聞きたいことはたくさんあるのになかなか聞けない…ということがあると思います。

そんな現状だからこそ、動物病院では飼い主さんに対して正しい情報を説明し、
合意した上でペットの治療を行なうことが重要になってきているのではないでしょうか。


アニコムパフェ様では、さまざまなセミナーを主催されています。
インフォームド・コンセントについてのセミナーも開催されるそうですので、ご紹介いたします。
獣医師さんの視点からインフォームド・コンセントの必要性や実践方法などを
お話してくださる内容だそうです。
飼い主様はもちろんのこと、動物看護師の皆さまもご参加されてはいかがでしょうか?



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★飼い主様支援講座
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どうぶつが家族になった今、飼い主様が求めていることは何でしょうか。
動物病院の待合室で飼い主様と密なコミュニケーションをはかる獣医師
がお応えします。
■講師:阿部美奈子(獣医師・動物医療グリーフケア アドバイザー)

1. ターミナルケア講座
■実施日:2009年11月26日(木)19:00〜21:00 ※終了しました
■内容:
 ・ご家族を亡くされた後の飼い主様の悲しみを和らげるために
 ・老犬介護の現実およびクオリティオブライフの維持と限界

2. インフォームド・コンセント
■実施日:2009年12月10日(木)19:00〜21:00
■内容:
 ・インフォームド・コンセントの意味
 ・インフォームド・コンセントを徹底するために必要なこと

■体験者の声
  ・今までもオーナーの気持ちを1番に考えていたつもりでしたが、
   全然できていなかった。明日からは飼い主を受け入れて信頼関係
   をつくっていきたい。

◆お申し込み◆ こちらのフォームよりお申し込みください
https://www2.webcas.net/form/fm/anicom/griefcare
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※なお、セミナーについてのお問合せはアニコムパフェ様までお願いいたします。





posted by JAHTA at 11:51| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。