2010年02月18日

『新しい飼い主』になるために

みなさまこんにちは。
JAHTA事務局です。

最近関東では雪が降る日が多いですが、
犬は元気に散歩している姿をよく見かけます!
猫はこたつで丸くなっていることでしょう(笑)

さて、今月もご質問をお寄せいただきました。
ご紹介&回答させていただきます。

今回ご回答をいただきましたのは、ヤマザキ動物看護短期大学 准教授の
本田三緒子先生です!
本田先生は短期大学で教鞭を執っていらっしゃるほか、
以下でご紹介させていただきますように
各方面でも大変ご活躍されていらっしゃいます。

【本田先生お役職】
東京都動物愛護推進員
社団法人日本動物福祉協会 評議員・新東京支部副支部長
財団法人日本動物愛護協会 事業委員・会報編集委員    他


Q.「里親募集」などで犬か猫を譲り受けたいと思っています。
---------------------------------------------------------
一人暮らしの男性です。仕事は自宅を事務所にしています。
打ち合わせや短期の出張がありますが、基本的には自宅作業です。
犬か猫を、できればペットショプで買うのではなく、
インターネットの「里親募集」などで譲り受けたいと思っています。
子どもの頃犬を飼っていたので、犬を飼うなら毎日散歩、
などの基礎知識はあるつもりですが、命があるものなので軽率ではいけないなと
少しためらう気持ちもあります。
こんな私でも犬や猫を飼えるでしょうか。
また里親サイトでの注意点などがありましたら教えて下さい。
---------------------------------------------------------

A.譲渡方法はさまざま。出会いと迎える準備が大切です。
---------------------------------------------------------
飼い主に飼育放棄された犬の「新しい飼い主」になることを
ご希望されているようですので、回答させていただきます。

まず、行政が運営する動物収容施設で迷子になったまま飼い主が現れなかったり、
飼い主の事由で継続して飼育することが出来なくなった犬について

・・・新しい飼い主と生活することが可能な犬がおります、
「譲渡犬」として世話をして一般の方に差し上げる制度があります。
これにつきましては、お住まいの自治体に問い合せいただければ、
飼い主になる条件というものついて説明いただけるはずです。

@犬が飼える住居であること、集合住宅の場合は飼育可能である旨の
 誓約書や住宅の管理規定の写しを求める場合があります。

A行政が行う、譲渡に必要な講習会を受講いただくこと。
 (平日に実施している所が多いようです。)

B希望する犬とお見合いして、譲渡が決定するとそこから犬との生活がスタート。
 (迎える準備も大切です。)

一般に行政が認可している動物愛護団体から犬の譲渡を受ける方法。
東京の場合でしたら、東京都動物愛護相談センターが認可している
団体からの譲渡をお薦めします。

これらの団体は、東京都の動物収容施設から犬の譲渡を受け、
不妊・去勢手術を行い、ワクチンや健康管理、基本的な家庭犬の
しつけ等のリハビリテーションを終え譲渡犬として新しい飼い主さん
に貰っていただく方法です。

@希望する犬の情報をインターネットで見て、応募。飼う環境や
 飼育経験、家族状況等の情報を求められます。

A飼育希望する犬と団体の希望が合致すれば、犬とお見合いを行います。

B話が進むと、トライアル:お試し飼育を開始。

Cトライアル後、正式に譲渡を希望されれば決定となり、不妊・去勢手術料金や
 ワクチン接種料、血液検査等の健康診断手数料を新しい飼い主さんに
 負担いただくシステムにほぼなっております。

一人暮らしの方でも住居や生活リズムがあえば、譲渡をしてくださる
団体もあります。成犬譲渡がお薦めです。

反対に、一人暮らしの方に差し上げるより必ず何方か家族が
一緒でないと譲渡しませんという団体もあり、それぞれです。

たまのお仕事で出張される場合、犬を預ける、若しくは犬のために
ドッグ・シッターさんをたのめるなど、解決策や補助策があれば問題ないと考えます。

なお、恐縮ですが人の里親制度が実際にあるため、行政では、
動物の里親という表現を避け、「新しい飼い主」という表現に
なるべく共通させていく考えがありますことをご理解くださいませ。
---------------------------------------------------------


譲渡する側と受ける側のお互いの理解と合意と決意のうえで、
動物たちに新しい飼い主さんを見つけてあげることが大切だと感じます。

ご質問者の方が、素敵な新しい家族に出会えることを祈っています!

ご丁寧にご回答いただきました本田先生、この場をかりて深く御礼申し上げます。
posted by JAHTA at 11:49| Comment(1) | 動物Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
質問をした者です。
ご回答をありがとうございました。
個人から個人への受け渡しを仲介するサイトで探そうと思っていたのですが、写真だけでは病気など分からないので不安に感じていましたが、行政が認可している動物愛護団体があるのですね。
私としては成犬ではなく、できれば子犬がいいので、その条件で探してみようと思います。収容施設にいたことのあるワンちゃんだと思うと胸が痛みそうです。
ありがとうございました。めでたく飼い主になれましたら、また報告したいと思います。
Posted by 質問者 at 2010年02月26日 08:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: