2010年06月10日

梅雨入り

5月8日に沖縄、奄美が梅雨入りしましたね。
6月に入り全国的に梅雨入り本番です。
しかし・・・梅雨時期は洗濯物が乾かない、カビが生えやすい、体調を崩しやすい・・・
グルーミングしていても被毛の乾きが悪い・・・

など、何かとすっきりしない時期です。
動物にとっても体調を崩しやすい時期だと思います。
みなさんはどのような事に気をつけていますか?

「梅雨」の語源として、この時期は梅の実が熟す頃であるという説や、この時期は湿度が高く黴(カビ)が生えやすいため「黴雨(ばいう)」と呼ばれ変化したと言う説と様々です。
また入梅とは“雑節”の一つで毎年6月11日頃のことを言うそうです。農家にとっては田植えを決める大事な時期であったので、目安とされていました。現在では気象庁が観測予測に基づいて入梅を発表するので「入梅」と気象現象の梅雨とは関係のない日になっているそうです。

この語源となったといわれる“黴(カビ)”ですが、確かにこの時期は油断をするとすぐに
食べ物にカビが生え、腐ったりします。
また、湿気の多い場所では床や壁に白っぽい粉のようなものが付き・・・よく見るとカビだった!!!なんてこともあります。
体調を崩すのも無理ないですね・・・
人の食べ物は勿論ですが、ペットが食べ残した物などはそのままにしないで、すぐに片付けておくことが大切です。
また、ペットの寝床も1日1回はチェックして換気扇や、小さな扇風機などを使ってこまめに湿気を飛ばす工夫をしてあげましょう。
イヌやネコは勿論ですが、よりデリケートなエキゾチックアニマルは専門医、専門店などで相談すると良いと思います。

除湿機などがあれば活用するといいですね。
また、身近なものでも湿気をとることができるので参考にしてみてください。

:備長炭や竹炭は塩素除去や消臭剤として使われることがありますが
除湿剤としても使えます。籠などにいれておけばインテリアとしてもいいのではないでしょうか?
因みに我が家では床下に大量の炭を敷き詰め、少しでも除湿ができる
ようにしています。

炭.jpg

新聞紙:意外と湿気を吸ってくれます。ただ部屋のあちらこちらに
新聞紙を置くのは・・・
ペットのケージの下に敷いたり見えないところに使ってみては
いかがですか?

梅雨というと、あまりいいイメージが出てこないのですが・・・
でも、なんといってもこの時期は紫陽花がきれいですよね♪
雨に濡れた紫陽花も素敵です。
私は通勤電車の窓から見える、線路沿いに咲いた紫陽花がとても好きです。
慌しい満員電車に乗っていることを一瞬忘れさせてくれます。

あじさい.jpg


参考資料:allaboat.co.jp/pet/smallanimal/closeup/CU20030601A/index2.htm


posted by JAHTA at 15:17| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。