2010年11月30日

カットスタイル

こんにちはわーい(嬉しい顔)

早いもので明日から12月ですね。
今年も残すところ1ヶ月となりましたexclamation

動物病院や、グルーミングサロンではこれからどんどん忙しくなりますね!!
特にグルーミングは年末に向けて予約が沢山入るのではないしょうか・・・
最近のプードルはめっきり顔や足先にクリッパーが入る“ラムクリップ”が減りましたね・・・あせあせ(飛び散る汗)
私自身はラムクリップのほうが顔がすっきりして、清潔に過ごせるのでは・・・と感じる
のですが・・・手(パー)

また減ったといえば・・・
テリア種のストリッピングですね。
ワイアーヘアードフォックステリアや、シュナウザーウエスティーetc
などペットとして飼われている場合、殆どがクリッパーを使って短くすっきりカットしていますひらめき
でも本来は、体の被毛を抜いてグルーミングをしていく犬種です。
当協会認定校のグルーミング実習でもストリッピングは行っています。

しかし、「毛を抜く」と言う事は皮膚にも負担がかかりますし時間も手間もかかります。
抜いた方がいいのか・・・
抜かないほうがいいのか・・・

先日シュナウザーを飼われている飼主さんが
「ウチの子は皮膚が弱くて・・・
獣医さんに『シュナウザーはボツボツ(湿疹)が出来やすいんです』と
言われて・・・」

確かに背中に湿疹ができているシュナウザー(他に犬種でもいますが・・・たらーっ(汗)が多いかもれません!!


ブリーダーをしている先輩に聞いてみたところ

シュナウザーの他のテリア種と違うところは
・アンダーコートが多い
・オーバーコートが細い(他のテリア種より)
と言うことです。
そして
クリッパーをかけることによって
→アンダーコートが増える
→オーバーコートが細くなる
結果
soonオーバーコート、アンダーコートが絡みやすくなり、通気性が悪くなり湿疹が出来やすくなるexclamation&question
って考えられる・・・
とおっしゃっていました。

先輩のシュナウザーはストリッピングしているときは皮膚の
トラブルが少なく、クリッパーでグルーミングをするようになってから
殆どの犬が(沢山飼われていらっしゃいますexclamation×2
カイカイ
しているそうです。

ドッグショーに出陳する場合もストリッピングをしていることが条件ですよね・・・

ドッグショーの意義「種の保存」
より良い犬の姿でいることを目的としているのですから、
やっぱり、本来はストリッピングしたほうがいいのでしょうねひらめき

ただ、グルーマー側からすると
・時間がかかる
・犬が嫌がる
・慣れていない(抜いたことが無い)
など、問題が多いですし
飼主側からすると
・犬が慣れていない
・費用が・・・右斜め上あせあせ(飛び散る汗)

やはり、プロとしては多くの知識を身に付け
犬を飼う前からのアドバイスができないといけないですね。

犬が一生幸せに快適に過ごせるのは
飼主へいかに的確なアドバイスができるかexclamation×2
と言う、私達AHTの役目でもあると思います。






posted by JAHTA at 14:58| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。