2008年05月20日

生命の大切さを…「奇跡の母子犬」

「犬10」に続き、涙なしでは読めない本が出版されました。

 2008年5月19日発売 PHP研究所より
 「奇跡の母子犬」 山下由美 著

  sISBN978-4-569-68776-6.jpg
   

【内容紹介】PHP研究所 ホームページより抜粋

宮崎県中央動物保護管理所に収容された母子犬をめぐる感動の20日間の記録。

 住民の通報により1頭の母犬と3匹の子犬が管理所に捕獲されました。飼い主が見つからないと殺処分される「命の期限日」。
生きて出られる確率はわずか10%……。
子犬を守ろうと必死で人間を威嚇し続ける母犬の姿に
長年犬を捕獲し続けている職員は驚くと同時に、子への愛情に心を打たれます。
なんとかしたいと思った職員は、自分の担当月のぎりぎりの日まで期限を延期しようと決めました……。

 必死に子犬を守ろうとする母犬、生き抜いてほしいと願い続けた管理所職員さん、その姿を記録し「命」の大切さを訴えかける私――3つの思いが生んだ奇跡の物語。



世の中には、こうした動物たちがたくさんいます。
その中のほんの一部の出来事だと思いますが、
この実話をきっかけに、生命の尊さが再認識され、
1頭でも多く、貴重な生命が幸せな生活を送れるといいですね。







posted by JAHTA at 11:08| Comment(0) | 動物おもしろ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。